海外経済

グッゲンハイム スコット・マイナード 【短信】FRBは暗中模索、緩和余地拡大か:グッゲンハイム

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、11日のFOMCの結果について通好みのコメントをしている。


私は、これはFRBが暗中模索の状態であることも示唆しているのだと思う。
・・・
どうして米国で賃金上昇が加速しないのか、インフレが進まないのか。
どうしてNAIRUが4%より上にあるのか。

マイナード氏がBloombergで、FRBの内情を推測した。
同氏が触れたNAIRU(Non-Accelerating Inflation Rate of Unemployment、インフレ非加速的失業率)とは、インフレを加速させない最小の失業率のこと。
9月にFRBが推計したNAIRUは4.4%と、4%をゆうに超えていた。
だからこそ、インフレが噴き上がるのではないかとの心配があった。
6日発表の雇用統計では11月の失業率は3.5%。
本来なら賃金上層・インフレが起こってもいいはずだ。

私は年を食っているので、NAIRUが3%だった時代を覚えている。

マイナード氏は昔を回顧する。
もしもNAIRUの推計にずれがあり、実績の失業率からNAIRUまでまだ余裕があるなら、FRBには様子見どころか金融緩和の余地さえ生まれることになる。
FRBの2つの使命とは物価と雇用だ。
金融の安定は直接的には規定されていない。

マイナードは、もう1つ、NAIRUと対応する金利側の指標、中立金利にも注目する。

「もう1つ興味深いのは、中立金利に関する点だ。
何人かのFOMCメンバーは、実質中立金利がマイナスであると信じている。
だから、もしかしたら(名目)中立金利は2.50%、2.25%ではなく、1.50%に近いのではないか。
そうした議論が内部で行われたのではないかと思う。」

11日のFOMCでは、FF金利誘導目標は1.50-1.75%で維持すると決定された。
仮に中立金利が1.50%に近いとすれば、現状の金融政策はまったく緩和的でないことになる。

FRBは未踏の領域にあり、現時点で何をすべきか暗中模索しているんだ。

仮にマイナード氏が推測するように、NAIRUや中立金利が神のみぞ知る真の値より上方にあり、FRBがそれを修正すればどうなるのか。
金融緩和の余地が開かれることになる。
そうなれば市場はもう少し沸くことになろう。
重ねて言うが、金融の安定はFRBの一義的な使命ではない。


-海外経済
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。