海外経済 投資

【短信】FRBに早期利下げの緊急性はない

PIMCOのポール・マカリー氏は、FRBの初回利下げを早くて7月と予想している。


根本の点は、FRBには緩和をしなければならない緊急性がないということだ。

マカリー氏がCNBCで語った。

いつかは市場の織り込みを正当化するために利下げが必要だが、急ぐ理由はないとの考えだ。
経済・雇用が良好な中、利下げが必要なわけではなく、むしろ利下げに積極的とのレトリックは避けるべきという。
市場の期待を高めれば、「熱狂」を生みかねないという。
マカリー氏の予想では、最初の利下げは早くて7月だという。

(タイトルの誤りを訂正しました。)


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。