海外経済 投資

【短信】FAANG+マイクロソフトが崩れる:ジェフリー・ガンドラック

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、旗艦ファンドのウェブキャストで幅広いテーマについて予想を述べている。


以下、各社報道による発言内容の骨子。(出典:1) Bloomberg2) Seeking Alpha。)

  • 米インフレ: 数か月内に底を打ち、2021年には2.25-2.4%のレンジまで上昇。1)
  • 米10年金利: 現在の水準はファンダメンタルズと合致しておらず、銅対金比率の上昇は長期金利の2%の上昇を示唆。1)、2)
  • 金: 現価格では中立。1)
  • 住宅: 高水準を維持できるかは30年の住宅ローン金利を超える賃金上昇があるかによる。
    住宅価格は上昇する一方で人々は安い家賃の物件に移っており、借家の方がますます有利になっている。2)
  • 米国株: Russell 2000の最近の好調さから、小型株のアンダーパフォーマンスが終わるかも。
    FAANG+マイクロソフトなど「将軍」が崩れ落ちつつある。1)

債券王と称えられるガンドラック氏だが、債券が難しい環境になったせいか、最近では株式市場についての言及も多い。
もっとも、ガンドラック氏は、株式投資にも経験があると自信を覗かせる時がある。
すでに2013年には、シラーCAPEレシオを応用したファンドをローンチしている。
Morningstarによる同ファンドのレーティングは4つ星だ。

このところ、市場に大きな変化はないように感じられるが、ガンドラック氏からすれば、そうではないらしい。
同氏は昨日こうツイートしている。

金融市場の多くのトレンドが静かに逆転していっている。
今後数週のうちに、それと向き合うことになるだろう。


-海外経済, 投資
-, , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。