Exclusive 海外経済

【短信】3か月連続のLEI低下で景気後退の瀬戸際に:グッゲンハイム
2019年11月22日

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、10月の景気先行指数についてコメントし、同指数と景気後退の間の経験則を紹介した。


3か月連続の景気先行指数(LEI)の低下で、景気後退リスクの黄色信号が点滅している。

マイナード氏が21日ツイートしている。
米コンファレンス・ボードが18日発表した10月のLEIは(市場予想通り)0.1%の低下となった。
これで8月から3か月連続の低下となる。

マイナード氏は9月のLEI発表時点で、過去の米景気後退がいずれも3か月連続でLEIがマイナスとなった後に起こったことを紹介している。
3か月連続のマイナスは景気後退の十分条件ではないが、少なくとも必要条件はそろったことになる。
一方で今月、住宅ローン申請とCPIで強いデータが出た時には「景気後退リスクが薄れていく」と述べ、やや迷いを見せる場面があった。

では、LEIに注目した時、景気後退の十分条件はどこにあるのか。

マイナード氏は「勘案すべき事実」を2つ挙げる:

「(1) LEIが開始した1959年以降、3か月連続の低下があった時11回中7回において6か月中に景気後退となった。
(2) 1959年以降、米国はわずか8回しか4か月連続のLEI低下を経験していない。
これが起こると、8回中7回において6か月中に景気後退となっている。」

まだこれでも十分条件ではないものの、かなり十分条件に近づいている。
弱気相場が景気後退に先行することを考えれば、市場はすでに危険水域ということだろう。

マイナード氏は警告する。

投資家は、12月の数字(11月の統計)の重要性から、つぶさにその数字を見なければいけない。


-Exclusive, 海外経済
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。