海外経済 投資

【短信】2005年に似たような状況:ロバート・シラー
2019年10月16日

ロバート・シラー教授が、米大統領選のある2020年までに景気後退入りする確率を半々と予想している。


「それは間違いなく可能だ。
ただし、景気後退にならなければだ。」

FOX Businessでトランプ大統領の再選可能性を尋ねられて、シラー教授が答えた。
大統領には経済や株価以外に支持を広げる分野がほとんど見当たらないことを多くの人が見透かしている。
それ以外の分野で強硬な姿勢を見せれば自身の支持層を固めることはできるが、新たな票を取ることはできない。
だから、中国との間で見せかけの合意をでっちあげてでもアピールをしようとすることになる。

私たちは分岐点にいる。
2020年に景気後退となる確率は50%だ。

シラー教授の半々という予想は、市場関係者よりも厳しいものかもしれない。
(9月の予想では50%ではなく「50%未満」だった。)
市場では景気後退入りを大統領選後とする見方が根強い。

シラー教授には何か経験から来る予感のようなものが働いているのかもしれない。

「住宅価格はまだ上昇しているが、鈍化を始めた。
私は2005年を思い出すのであまりいい気がしない。」

米住宅市場はまだ上昇しているが、上昇ペースが鈍化を始めている。
これが、サブプライム危機の2年ほど前と似ているというのだ。

似たような状況だった。
住宅価格は上昇していたが、人々が口にすることが変化していた。
今はみんな2005年のように住宅だけに注目しているわけではない。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。