海外経済 投資

【短信】金融政策の罠に注意しろ:モハメド・エラリアン
2020年6月16日

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、引退が近い世代に対して、中央銀行の仕掛けた罠にはまらないよう注意を喚起している。


55歳以上の人たちに対する一番のアドバイスは、やらされてしまうことに用心しろということ。
金利がさらに下がると、基本的に株式リスクをとりたくなる。
それがFRBが望んでいることだ。

エラリアン氏がThe Income Generation Showで、引退を控えた世代への投資推奨を語った。
従前どおり、同氏の市場見通しは慎重だ。
エラリアン氏は、現在のFRBによる市場救済策・緩和策の1つの目的がポートフォリオ・リバランスであると示唆する。

中央銀行が民間セクターのマネーを金融政策によって誘導し、それによって経済を刺激しようとしている。
問題があるとすれば、多くの中央銀行が長らく基本的に一方方向の誘導をしてきたことであり、結果として債務を増やす方向だったことだ。
この方法に限界が近づいているとの主張はかなり前から聞かれてきたことだ。

エラリアン氏は先日、この方法の持続性がコロナ・ショックによって懸念にさらされていると指摘し、仮に持続不可能となれば、企業破綻から流動性問題が発生すると予想した。
だから今回、特に引退間際の層に対して、慎重なスタンスを呼び掛けているのだ。

このゲームのやり方が求められているワケを理解すれば、間違いが犯せないことがわかるはず。
(ゲームに乗れば)どんどんデフォルト・リスクに踏み込むことになるからだ。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。