海外経済 投資

【短信】金利差縮小が示唆する米国の未来:モハメド・エラリアン

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、急低下する米国債利回り、特に長期ゾーン利回りについてコメントした。


私がもう1つ注目している重要なことは、米独の金利差だ。
以前は280、240 bpもあったが、今は150 bpを割り込んでいる。

エラリアン氏がBloombergで、価格上昇(利回り低下)の進む米国債市場のインプリケーションを3つ挙げた。
1つ目は大きな米経済の減速、2つ目がFRBの追加緩和の是非、そして3つ目が米独金利差縮小の意味することである。

金利差が縮小したのは日独だけでなく、日米もそうだ。
しかし、エラリアン氏は特に米欧の金利差縮小を取り上げ、それが意味するところを解説する。

これが指し示すのは、特に欧州と比較した米国のパフォーマンスがそう素晴らしいものでなくなりつつあるのを債券市場が心配しているということだ。
だから、これは一般的な経済減速ではない。
米国もまた不幸なことに欧州の方に引き込まれつつあるんだ。
気を付けないといけない。


-海外経済, 投資
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。