投資

アスワス・ダモダラン 【短信】近視眼的なバリュー投資:アスワス・ダモダラン

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、新興企業株やグロース株に対するバリュー投資家・トレーダーのアプローチについて改めるべき点を指摘している。


バリュー投資家にとっての教訓は、これら株式に対して投資家が払ってもよいとする推計額が直近期について報告された売上・利益との比較で計算される場合、ほぼいつも、仮にそうでなくても、割高に見えてしまうことだ。

ダモダラン教授がFTへの寄稿で、新興企業株・グロース株の価値・価格に対する見方を論じている。
バリュー投資家やトレーダーがどう行動しているか、どうすべきかが述べられているが、ここでは前者について紹介しよう。
教授は、バリュー投資家が取りうる解決法として、個々の企業の強みに応じた将来予想を立て、(足元の業績でなく)将来予想に対する価値評価を行うよう提案している。

若く損を出している企業に投資する人を不合理で無知と批判し、単に割高に見えるからという理由で投資対象からそれら株式を除外するバリュー投資家は近視眼的だ。・・・
単純な株価指標を排し、これら企業の価値を求めようとし、もしも割安な株価がついていれば、それを買うことこそ真のバリュー投資だ。

《バリュエーション学長》と呼ばれるだけに、正論だ。
ただ、一般の投資家にとっては少し厳しすぎる話かもしれない。
ダモダラン教授と同様のレベルのスクリーニング・分析を行える人は、そうすることで大儲けできるのだろう。
一方、単純な指標にも多くの人が手軽に入手できる利点がある。
(もちろん、それゆえにミスリードすることも多い。)
また、バリュー投資家が新興企業やグロースを敬遠するのは「近視眼」なのではなく、割り切りであることも多い。
世の中に投資対象が無数に存在している限り、そうした割り切りも悪いことではなかろう。
大きな間違いをしない限り、苦しみでなく楽しさであることも投資の重要な目的ではないか。
「真のバリュー投資」などと肩ひじを張らず、柔軟に肩の力を抜いて楽しみ、儲けたいものだ。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。