海外経済 投資

【短信】米国株全般はバブルではない:ジェイミー・ダイモン

JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOが、上昇する資産価格の中で本当に危うい部分を指摘している。


株式市場のわずかな部分でバブルが存在するかもしれない。
全体ではない。

あるコンファレンスでのダイモン氏の発言をCNBCが伝えた。
株高を危惧する声も多い中、株式市場が広範なバブル状態にあるとの見方を退けたものだ。
同氏は昨年、株式市場の活況の継続を予想していた。

一方、ダイモン氏が危うんでいるのは米国債だ。
現状の金利水準では「近寄りたくもない」と話している。
これは、個人としての話。
銀行としてはそうはいかない。
ダイモン氏は、日本人にとってなんとも既視感のある話を語った。

こんな金利では金利の買い手にはなりたくない。
不幸なことにJPモルガンは買い手だ。
他に選択肢がない。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。