海外経済 投資

【短信】米国株・米経済はいまだ好環境:PIMCO
2021年9月9日

PIMCOのエリン・ブラウン氏が、9月を「重要な月」とする一方、その後の第4四半期には米国株に有利な環境が整うと予想している。


これから1か月が市場にとって重要な月になる。

ブラウン氏がBloombergで、9月が市場にとって重要な時になると予想した。
材料はいくつも予想される。

  • FRBのテーパリング開始に関する発言
  • 「財政の崖」
  • 失業給付上乗せの終了
  • 季節的アノマリー

いずれも明らかなプラスとは取りにくい材料だ。
ブラウン氏はその後に強気の見通しを持っている。
第4四半期に入るにしたがい、米国株市場にとって良い材料が効いてくるという。

まだ株式市場・経済成長に関する環境はとてもポジティブな環境にあると考えている。
経済成長は徐々に鈍化を始めているが、とても高い水準からの鈍化であることを留意すべきだ。
また、家計や企業のバランスシートに現金が溢れていることも留意すべきだ。


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。