投資

【短信】米国株・新興国市場株のねらい目:マーク・モビアス
2020年11月13日

マーク・モビアス氏が、新興国市場のアウトパフォーマンスを予想しながらも、自身が行っている米国株投資の中身について明かしている。


米国株についての私のポジションは買い持ちで、コロナ・ショックの結果ひどくやられた銘柄を選択的に買っている。
これがリスクの高い賭けであることは承知している。

モビアス氏がBloombergで、米国株をロングしていることを明かした。
しかも、どうやら経済の正常化の恩恵を受けるセクターを狙っているようだ。

大統領選前には増税を掲げるバイデン氏の勝利を警戒していたモビアス氏だったが、議会とねじれが生じる見通しとなったことで少し警戒を解いている。
さらに、ワクチン開発の良いニュースでやや楽観的になったようだ。
とはいっても、新興国市場投資の先駆けである同氏は、バリュエーションや為替などを理由に挙げ、新興国市場が米市場をアウトパフォームすると予想してきた。
しかし、それでも米国株はロングなのだという。

モビアス氏は物色しているセクターとして海運、クルーズ、劇場を挙げている。
これらはコロナウィルスが克服された後、劇的に回復するだろうという。
そこまで語ると、モビアス氏は再び話題を新興国市場に戻している。

新興国市場の方が良いパフォーマンスを上げるだろう。
特にテクノロジーのインフラの分野だ。
クラウドの運用に必要となるチップのような製品を作っている会社の株だ。


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。