投資 政治

【短信】米国株は2番天井:マーク・モビアス

マーク・モビアス氏は、米国株市場がピークを打った可能性を指摘し、あわせて米大統領選でのバイデン勝利が市場に及ぼす影響を予想している。


テクニカル分析を信じるなら、S&P 500は2番天井を形成しつつあるようだ。
これは危険だ。
みんな誰が勝つかだけでなく、選挙が宙ぶらりんになることを心配しているのだろう。

モビアス氏がCNBCで、米国株市場のチャートについて言及した。
米市場の下落は諸外国の市場に波及する可能性が高く、世界中の投資家から注目を集めていると説明した。

信じるかどうかは別として、2番天井が何を意味するとされているかは、ほとんどの投資家はご存知だろう。
上げ相場の終了のサインとして語られている。

S&P 500
出典: Investing.com

新興国市場投資の草分けであるモビアス氏は、バイデン勝利の場合の市場への影響を解説する。

新興国市場がS&P 500をわずかにアウトパフォームし始めた。・・・
これは米国からそれ以外に分散し始めた投資家がいることを意味する。
バイデン勝利はおそらく米市場にとっては悪いことだが、それ以外の市場は買い戻されることになる。

そう説明しつつ、バイデン氏が大統領になった場合、中道であるがゆえに、最終的にどの政策を採用するか不透明だという。
モビアス氏は、仮にバイデン氏が景気に配慮して増税を見合わせるようなら、話は大きく変わってくると説明した。


-投資, 政治
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。