海外経済 投資

【短信】米インフレ低下は失速へ:ジェフリー・ガンドラック

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏は、FOMCを消化した後もコンセンサスより弱気な予想を継続している。


(自社モデルにより)インフレが低下すると予想していた。
しかし、今はインフレ率低下が失速すると予想している。
それは、市場がゴルディロックスの構図とはならないことをおそらく意味している。

ガンドラック氏が30-31日のFOMC後にCNBCで発言した。

以前から米経済についてコンセンサスより弱気な見方を示していたガンドラック氏だが、市場やFRBが楽観側に傾く中でも厳しい見方を変えていない。
同氏は、リスク資産市場全体について「とても高い水準の熱意」があると指摘。
その熱を少し冷ましたという点で、パウエル議長の会見を評価した。

共感する人も多そうだが、ガンドラック氏にとって「ゴルディロックス」という言葉は少々癇に障るようだ(CNBC記事)。

みんな『ああ、ゴルディロックスだ』と言うが、それが意味するのは、すべてのものがほぼ完璧な前提に基づいて値付けされているということだ。

ガンドラック氏は、今回のパウエル議長の会見がゴルディロックスとの認識を排除したと解釈している。
同氏は依然として米経済の景気後退入りをメインシナリオに据えているようだ。

米経済が減速し、おそらく景気後退入りする時に、新興国市場に投資できるように、現金を持っておいた方がよい。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。