海外経済 投資

【短信】米インフレの4つのシナリオ:モハメド・エラリアン
2022年2月17日

アリアンツ経済顧問モハメド・エラリアン氏は、今後の米インフレについて半々の確率で2つのシナリオを呈示している。


そこに近づいているが、まだだ。

エラリアン氏がCNBCで、市場はFRB金融政策等のリスクの織り込みを済ませたのか尋ねられて答えた。
「利上げと量的引き締めの組み合わせ、それが流動性に及ぼす影響」についてまだ予測できないためという。

年末のインフレ率の予想を尋ねられると、エラリアン氏は半々の確率で2つのシナリオが考えられるという。

  • 4-5%: 経済成長継続
  • 2%未満: FRBの引き締めすぎで景気後退に近づく

かつてビル・グロス氏とともにPIMCOを率いた名経営者が将来を読みあぐねている。
2つのシナリオの他にも2つのテール・イベントを説明している。

良い方のテールは、生産性ブームや出遅れているFRBが追い付くの助ける何かが起こること。
悪い方の何としても避けるべきテールはスタグフレーションだ。

つまりはそれぞれのシナリオを意識した投資分散が重要ということだろう。


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。