海外経済 投資

【短信】秋には極めて強い経済に: ビル・アックマン
2021年7月21日

パーシング・スクエアのビル・アックマン氏が、秋に向かって経済拡大・インフレ継続・金利上昇を予想している。


秋が来れば、極めて強い経済になる。
9月にはみんな職場に戻ってくるだろう。
企業はワクチンを勧めるだろうが、それは良いことだ。

アックマン氏がCNBCで、秋になればさらに強い経済がやってくると予想した。
9月になれば失業給付の上乗せも終わり、人々が職場に戻るよう背中を押すだろうという。
米国ではさまざまな理由でワクチン接種を敬遠する人が多いが、企業は積極的に接種を推奨するだろうという。
これらが功を奏せば、経済はさらに拡大するという。

経済がさらに強まるなら、FRBが一過性とするインフレもまた強まる可能性がある。

「私はニューノーマルが来るといった考えに近く、多くのインフレの原因がありうると考えている。
そもそも、インフレは過小評価されている。」

アックマン氏は特に、住居費や賃金にかかわるインフレが一過性でなく、重大な課題だと話す。
住居費については、住宅市場がブーム化しており、今後もそれがインフレ圧力になる可能性があるという。

インフレが懸念されるなら、次に心配すべきは金利だろう。
アックマン氏は、経済が強まる中で、金利も上昇に向かうと予想している。

5兆ドルの刺激策、賃金上昇、莫大な貯蓄、一時期にワクチン接種を受けた人々が刺激される。
これらすべてのことが、大きな経済成長と需要につながる。
さらに、FRBはまだ極度の緩和を続けている。
だから、金利は上昇するだろう。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。