海外経済 投資

【短信】現在市場で起こっていること:ゲイリー・コーン

ゲイリー・コーン前国家経済会議委員長が、株式市場で起こりつつあるプロセスを実にうまい表現で解説している。


私たちはまだ、歴史上先例のない時からの回復過程にある。
回復する時には、分岐のあるものになる。

コーン氏が11日CNBCで、現在米経済で起こっていることを解説している。

  • 大企業: 小さな商店がまだ閉まっているため、大きな需要を享受。
  • 小企業: まだ再開していないか、再開していても部分的。


コーン氏は、現在の株価はオーバーシュートかと尋ねられ、元商品取引トレーダーらしい答をしている。

市場は常にオーバーシュートする。
たぶん下方にオーバーシュートしたのだろうし、そして上方にオーバーシュートしたのだろう。
今がどうかと言えば、高値から8%ぐらい下がったが、まだ底から35%も上にある。

コーン氏は叩き上げの商品トレーダーから、ゴールドマン・サックスの社長兼共同COOにまで上り詰めた。
国家経済会議委員長に就任した時も、様々な方面から高い評価・人望を集め、2017年の税制改革を実現させた。
そして、さっさと辞任してしまい、当時は市場がクラッシュするのではと心配されたほどだ。
トランプ政権のいくつかの政策には反対だったのだろうし、同氏からすれば閣僚でさえ多くが格下だったのかもしれない。

市場を知り尽くしたコーン氏は、現在の市場を実にうまい言葉で表現している。

私たちは、株式のフェアバリューを探そうという時期にあるのだと思う。
下がることを意味するのでも、上がることを意味するのでもなく、価値がどれだけかを熟考しているところなんだ。


-海外経済, 投資
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。