国内経済

【短信】榊原英資教授:緩やかな円高なら介入すべきでない

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授がReutersのインタビューで、従前の円高予想を継続した。
あわせて、円高を一方的にネガティブにとらえるべきでないと示唆した。


榊原教授は円高を予想し、年内に100円割れもありうるとした。
トランプ大統領が弱いドルを望むため、FRBも(ドル高を招く)急ピッチでの利上げは実施しにくいという。
円高を予想しながらも、教授は経済への影響について悲観していない。

「円高が緩やかな場合、日本は介入すべきでない。
海外に生産拠点を有する日本企業は、円高で恩恵を受ける。」

仮に急激な円高の場合にも、従来通り、相手国の合意なしには介入できない、しても効果がない、との見方を示した。


-国内経済
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。