投資

ブラックロック 【短信】株式を減らしている:ブラックロック
2020年5月11日

資産運用の世界最大手ブラックロックのラス・ケストリッチ氏が、株式のエクスポージャーを減らしたことを明かし、今後はレンジ相場が続くと予想している。


私たちは株式を減らしている。

ケストリッチ氏がCNBCで、いくらか株式へのエクスポージャーを減らしていると明かした。
ベンチマークに対するエクスポージャーを60%にまで減らしているのだという。
同氏は2つの理由を挙げている。

  • 株式がじりじり上げていくと考えているが、一直線にはならないだろう。
  • 通常の状況でも振るわず、レンジ相場になりやすい5月を迎えた。

市場はすでにレンジの上限付近まで上がっていると見る一方、テクノロジー・通信・医療のセクターをオーバーウェイトしているという。

州の(ロックダウン)解除で見たように、行ったり来たりが多くなるだろう。
市場はすでに短期間で記録的な上昇を見せた。
だから、少し手を小さくしている。・・・
おそらく、脱出の期待を与えるような良いニュースが出てくるまでレンジ相場だろう。

ケストリッチ氏は、決してブラックロックが株式から大きく手を引いているわけではないと強調した。

ブラックロックのラリー・フィンクCEOは最近、米経済の環境について厳しい見通しを示している。
今後、米国で一層の経済悪化・連鎖倒産が起こる懸念があり、政府・FRBがさらなる政策を求められる可能性があるという。
結果、悪化する財政問題に対処するため法人・個人の増税を検討せざるをえず、それが経済の足を引っ張りかねないという。


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。