投資

【短信】株価を分けるワクチン開発:カイル・バス
2020年5月17日

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、現状の米国株市場の水準についてコメントし、自身の投資ポジションに言及している。


1つ目は流動性、2つ目は資本の金額だ。
社債、ETF、銀行ローン、シニアローンの買入れが行われ、すべて買い入れるかのようだった。
今ではFRBのバランスシートは7兆ドル近い。
これが現在の株価の理由だ。

バス氏がCNBCで、現状の米国株市場の水準について要因分析した。
財政政策にも触れているが、やはり金融政策が大きいとのニュアンスになっている。
同氏は急激なFRBバランスシート拡大を「異常」と形容した。

バス氏はもう1つ株価を引き戻した要因があるという。
医療面で早期に進展があるとのやや楽観的な市場の織り込みだ。

年末までにワクチンができることを願い、有効な薬が見つかることを願っている。
もしもこれが実現するなら、現状のバリュエーションは妥当なものといえる。
実現しないなら、市場は大きく上げすぎている

バス氏は、市場の前提が決まった将来ではないものの、十分に可能性があると示唆する。
西側諸国がワクチン開発に最大限のリソースを投じ、すでに進展を見せるチームも見られているからだ。

バス氏は投資環境について「慎重に楽観している」と話す。
運用ポートフォリオは、自身の政治的信条をそのまま映すかのようだ。
米国を愛し、中国を憎む。

米国をロング。
中国とつながりの深い世界の苦境を見込んで、東南アジアの銀行システムにレバレッジをかけている。
米国をロングし、東南アジアをショートしている。


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。