投資

【短信】東南アジアのバブルが弾ける:カイル・バス

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、東南アジアの市場・経済がバブルにあると指摘した。
今後18か月内の同バブル崩壊を予想しているという。


東南アジアに見られるのはバブルだ。
このバブルは弾け、みんな大金を失うことになる。

バス氏がYahoo Financeのインタビューで発言した。
新興国市場は相対的な割安感から分散の趣旨も含め推奨する人の多い投資対象だ。
しかし、バス氏の考えは真逆だ。
投資は米国内の対象だけに絞るべきと話した。
その背景には、金融危機等への耐性という観点があるようだ。

米国は銀行を再編した。
欧州はまだで、中国はこれからやろうとしている。
米国を見れば、どんな世界的な困難が起ころうとも、世界の他のどこよりもいい条件にある。


-投資
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。