【短信】東南アジアのバブルが弾ける:カイル・バス

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、東南アジアの市場・経済がバブルにあると指摘した。
今後18か月内の同バブル崩壊を予想しているという。


東南アジアに見られるのはバブルだ。
このバブルは弾け、みんな大金を失うことになる。

バス氏がYahoo Financeのインタビューで発言した。
新興国市場は相対的な割安感から分散の趣旨も含め推奨する人の多い投資対象だ。
しかし、バス氏の考えは真逆だ。
投資は米国内の対象だけに絞るべきと話した。
その背景には、金融危機等への耐性という観点があるようだ。

米国は銀行を再編した。
欧州はまだで、中国はこれからやろうとしている。
米国を見れば、どんな世界的な困難が起ころうとも、世界の他のどこよりもいい条件にある。


 - 投資