海外経済

【短信】本格回復にはワクチンが必須:デニス・ガートマン

デニス・ガートマン氏が、米経済の回復過程のイメージを話している。


すべての経済学とは、人々の行動の傾向を研究するものだ。・・・
何(政策)をやっても、米経済は景気後退から抜け出せないだろう。

ガートマン氏がFOX Businessで、コロナ・ショックによる景気後退からの脱出のハードルの高さを指摘した。
政府による支援、インフラ支出、減税があったとしても、それだけでは低下した経済活動の水準は戻らないという。
結局はワクチンの実用化が実現しない限り、人々は支出を再開しないと考えるからだ。

ガートマン氏は自身の現在のポートフォリオを明かす。

私は現在限界的に株式市場をショートしている。
私は現在限界的に債券市場をショートしている。
増やそうと考えている。

ガートマン自身が話すように、同氏は「あまり楽観的でない」。
同氏は、今後の回復のイメージを話す。

「最後には米国は勝利し、1.5-2年後には今よりはるかに良い経済環境になるだろう。
しかし、昨年10・11・12月の水準に来年・再来年に戻るかといえば大いに疑問だ。」


-海外経済
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。