海外経済 国内経済 投資

【短信】日本は急速に改善に向かう:JPモルガン

JPモルガン・アセット・マネジメントのPatrik Schowitz氏は、ようやくワクチン接種が進みつつある日本を、年後半の有望市場に挙げている。


私たちは日本を選好しており、株式の中で現時点で選好する市場の1つとしている。

Schowitz氏がCNBCで、日本を今後の注目市場に上げた。
同氏は、米中の経済回復の第1段階が峠を越えたと見るが、それでも世界経済の回復は力強く、年後半も継続するという。
世界経済の拡大の恩恵を受けやすい日本市場が、今後は魅力を増すと言う。

バリュエーションは魅力的だ。
みんなこれまで、日本のコロナウィルス、ワクチン接種の状況を心配して、日本から距離を取ってきた。
欧州でのこの数か月の経験を見ると、出遅れていたが、今やワクチン接種において明らかに急改善が見られる。
日本もかなり急速に改善に向かうだろう。

欧州では、ワクチン接種の進展とともに急速に経済の再開が進み、世界からマネーが集まった。
それが日本でも起こるという。
これまで出遅れてきた分、Schowitz氏は、参入の良いチャンスだという。

一方、日本以外のアジアについては、見通しが悪いとまではいかなくても、Schowitz氏は比較的慎重な見方をしている。
中国については、現状から市場を牽引する要因が見えないという。
韓国・台湾などは日本と同様、世界経済の回復の恩恵を受けるが、市場がすでに大きく上がっていると指摘した。


-海外経済, 国内経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。