投資

【短信】探すべき銘柄の条件:モハメド・エラリアン
2020年3月25日

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏の23日引け後の発言: 今は適切な銘柄を選別することに努め、好機を待つべきと話している。


私は、厳選して物色を始めたところだ。

エラリアン氏がFOX Businessで、慎重姿勢ながらも投資に傾きつつあると明かした。

この日の朝、エラリアン氏は、底値が近いとする一方で、警戒を解くべきでないと話していた。
この日、米市場は5%以上の上げとなったが、エラリアン氏の心配は晴れない。
3つの懸念事項を話している。

  • 待機資金も莫大だが、どれだけまだ強制売りが出るかわからない。
  • 議会で政策面の合意がまだ取れていない。
  • 欧州の数字が悪すぎる。

エラリアン氏はすでに銘柄の物色に入ったというが、実際に買い始めてはいないようだ。

バランスシートがとても強い、つまり現金を多く保有し借金は限定的な企業を探している。
そういう企業こそうまく生き抜くことができる。
いくつか候補はあるが、まだ実際に投資するタイミングではないと思う。


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。