海外経済 国内経済 政治

【短信】国家の強さを決定する8要素:レイ・ダリオ

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が3月に公表したビデオについて、ポイントをクローズアップしている。


3月のビデオは、新著『Principles for Dealing with the Changing World Order』(仮訳:変わりゆく世界秩序に対処するためのプリンシプルズ)のテーマをまとめたアニメ版。
これについてダリオ氏がSNSでコメントした。

私がYouTubeで公表した『変わりゆく世界秩序』アニメでは、8つの主要な強みがどのように国々の強さを決定するかを示している。・・・

ダリオ氏が示した国力の8つの主要尺度とは

・教育
・技術
・競争力
・経済生産
・国際貿易
・軍事力
・金融センター
・準備通貨

日本は小国としてはよくやっているのだろう。
(世界3位の経済規模と言いながら、本来は小国でしかない。)
軍事力は(少なくともこれまでは)自ら多くを求めないという意思だった。

特に物足りないのは金融センターだろうか。
1990年前後のバブルの時代、その前後、日本は世界のエリート金融パーソンにとって重要なキャリア・パスだった。
東京を金融センターにという話があるたびにまず語られるのが税金や語学の話。
しかし、それが整わない中でもエリートが東京を目指す時代があった。
結局、日本が金融センターとなるには、全体の「競争力」とそれを形作る「教育」、つまり何を目指すかについての発想の転換が必要なのではないか。


-海外経済, 国内経済, 政治
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。