海外経済 投資

グッゲンハイム スコット・マイナード 【短信】国債と国債トレーダーの違い:グッゲンハイム

ニューヨーク連銀が、グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏の発言を引用しツイートしている。
2件ツイートしたのだが、その2つ目がなかなか傑作だ。


『私の最大の心配事は、すべてがもっと効率的になるにしたがい・・・プレーヤーを絞り込んでしまい、システムそのものがこの種のショックに対しより脆弱になることだ。』-Scott Minerd, Guggenheim Partners #TreasuryMarket

ハッシュタグがついているから、この発言が主に米国債市場についてのものであることがわかる。
市場の層が薄くなるにつれ、突然のボラティリティ上昇などを被りやすくなると言いたいのだろう。

層の薄さという意味では日本国債の市場はとびきりだ。
かつては世界屈指の厚みのある市場だったが、日銀による国債買い入れがその厚み、さらには玉さえ奪い去った。
他人事ではいられない。

しかし、傑作なのはこちら。

『キャリアの初期に教わったことを思い出す:
国債と国債トレーダーの唯一の相違点は、国債がマチュアする(償還期限が来る、成熟する)ことだ。』-Scott Minerd, Guggenheim Partners #TreasuryMarket

未熟なトレーダーは米金利をどこに連れて行くのだろう。


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。