海外経済 投資 政治

【短信】利下げ・ドル安・金は中立:ジェフリー・ガンドラック
2019年9月13日

債券王ことダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏がロンドンで「史上最高の経済」というタイトルでプレゼンした。
言うまでもなく、トランプ大統領への当てつけだ。


景気後退が来れば、これらの問題に対処することができなくなる。

ガンドラック氏の米社債市場についての発言をMarketWatchが伝えている。
同氏はこれまでも再三、米社債市場、とりわけ投資適格債についてリスクを警告してきた。
米社債市場は、利回りを求める個人投資家などから買いを集めた。
人気となったことで、レバレッジの高い銘柄でもコベナンツが緩いなど、脆弱さが指摘されている。
ガンドラック氏は、投資適格級の債務のうち1/3は本来ハイイールドに格付されるべきとするモルガン・スタンレーの見解を紹介したという。
同氏は、米社債市場が危機に向かっていると予想している。

その他の発言は以下の通り:

  • 大統領選前に景気後退入りする確率は75%(据え置き)
  • 米中摩擦は大統領選挙後までいずれも引かない
  • FRBの追加利下げ・ドル安を予想
  • 住宅市場はリーマン危機のような暴落はないが停滞する
  • 金は1,600を超えて上がるのは難しく、中立に
  • ヒラリー・クリントン出馬の可能性はまだある
  • 景気後退入りすれば、トランプ大統領は出馬しない

-海外経済, 投資, 政治
-, , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。