その他

【短信】利下げでも株安の本当のワケ:モハメド・エラリアン

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、3日のFRB利下げが目覚ましい効果を上げなかった理由を解説している。


「勝ちのない状況だった。・・・
本当に必要なのは(金融政策で)市場をしむけることではない。
本当に必要なのは、医療面の進展だ。」

エラリアン氏がCNBCで3日、FRBによる50 bpの利下げについて振り返った。
市場はすでに今年50 bpを超える利下げを織り込んでいたから、利下げしなければサプライズになってしまっていた。
しかし、利下げしたところでウィルスの問題が解決するわけでもない。
最初から中央銀行やG7でどうなるものではなかったのだ。

エラリアン氏は今回のプロセスについて2つの問題点を指摘した。
片方は市場の側、片方はFRBの側の問題だ。

  • 市場の期待: 政策立案者の意思と能力に対して過剰な期待をしている。
  • FRBのコミュニケーション: 非常事態を示唆しながら経済は良好と主張している。

さらに、エラリアン氏は利下げの問題点を3つ挙げている。

  • 政策の柔軟性: ゼロ金利に近づき、たとえ景気後退となっても利下げ余地がほとんどない状態になった。
  • 市場の機能不全: 機能不全がある時には、金利は据え置くべき。
  • FRBの信認: 記者会見の度に市場が荒れるのでは、フォワード・ガイダンスが有効でなくなってしまう。

エラリアン氏によれば、現在最大のリスクのある分野はハイイールド市場だという。

市場が機能不全を起こした時には金利を据え置くべきだ。
市場の一部で適切な流動性が供給されていない。
ハイイールド市場に注視すべきで、そこが最大のリスクの分野だ。


-その他
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。