投資 企業

【短信】債券界のバフェット、ダン・ファス氏が運用から引退

債券界のウォーレン・バフェットとも呼ばれるLoomis Saylesのダン・ファス副会長が、ファンド運用から引退する。


ファス氏は87歳。
投資業務のキャリアは60年以上。
うち40年以上をLoomis Saylesで積み上げた。
3月1日をもってファンド運用から退き、同社シニア・アドバイザーに就任する。

先月も転んでお尻を打ったとの報道があった。
スーパースターが高齢であることのリスクを感じさせるニュースだった。
しかし、その時はこうもあっさりと引退するとは感じられなかった。

引退を報じたBloomberg記事のタイトルは「『債券のウォーレン・バフェット』がファンド運用から引退」というもの。
卓越し、また敬意を集めるがゆえに、しばしばバフェット氏と重ね合わせられる。
もちろん誉め言葉なのだが、それでもファス氏に対して少し失礼な感じがする。
FPでは極力その形容を用いることはしなかった。

投資の世界のスーパースターが次々と引退の時期を迎えることになるのかもしれない。
問題は、それを補うように優れた若いスーパースターが生まれてくるかだ。
(仮に新たなスターが生まれないなら、FPもお伝えするテーマがなくなってしまう。)
ふと気づくと、AIばかりが運用者を務め、そこから発するのが人間には理解しがたいメッセージになってしまうようなことがないよう祈りたい。


-投資, 企業
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。