投資

【短信】個人投資家勝利のワケと今後:モハメド・エラリアン
2020年6月17日

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、今週以降のトレード環境の変化について解説している。


リテイルの投資家が完全に正しかったのはローテーション・トレードだ。
他の投資家よりはるかに先に、ステイ・ホーム銘柄から再開銘柄へ、牽引役から出遅れ銘柄へローテーションするのを理解していた。

エラリアン氏がCNBCで、先週までの個人投資家の読みの良さを指摘した。

米国株市場では、このところ個人投資家が市場やヘッジ・ファンドなどよりはるかに良いパフォーマンスを上げたことが注目されている。
まず、テクノロジーに賭け、次にバリュー等に乗り換えたタイミングが結果的に大成功したためだ。

エラリアン氏は、こうした個人投資家の成功について3つの追い風が重なったと指摘する:
有利な金融政策、順調な再始動、個人投資家参入によるテクニカルの改善。
これらが峠を越えた時、状況はどうなるのか。
また、ボラティリティに上昇の兆しがあり、それも重しになりうる。
エラリアン氏は、今後1-2週は要注意だと慎重なスタンスを崩さない。

個人投資家の火傷を防ぐための方法を尋ねられても、エラリアン氏に妙案はないようだ。
なるべく多く透明性高く情報を提示し、投資家に起こりうる失敗を認識させるしかないと話す。
情報の出し手がきちんと情報を出し、個々の投資家がきちんと消化していくしかないようだ。

心配するのは正しいことだが、取り払うのに簡単な方法などないんだ。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。