投資

【短信】今後の米市場の有望セクター:バイロン・ウィーン
2020年6月17日

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、米国株市場の有望セクターの交代について予想している。


史上最高値圏にある人気の銘柄ではなく、打ちのめされた株を買うべきだ。・・・
これら銘柄(FAANG)のバリュエーションは目いっぱいに高い。
だから、打ちのめされたセクターから物色している。

ウィーン氏がCNBCで、これまで市場を牽引してきたテクノロジー・セクターへの慎重スタンスを語った(MarketWatch報)。

同氏は長い間テクノロジーなどグロース分野を好んできた。
しかし、株高で迎えた今年の「びっくり10大予想」では、FAANGのアンダーパフォームを予想した。
高値警戒もあったろうが、規制強化への警戒も要因だったようだ。
ところが、そこにコロナ・ショックが襲った。
これがテクノロジー企業に特需をもたらしたほか、急速な景気の冷え込みはグロース株に相対的に有利に働いた。
結果、つい最近まで、テクノロジーは市場を牽引してきたのである。

ウィーン氏は、この流れが変化すると予想する。

市場に参加し買いに入るべきだと考えているが、苦戦している分野を物色すべきだ:
エネルギー、接客、航空、住宅だ。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。