【短信】中国がドルを使い果たす:カイル・バス

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、中国が行っている為替操作について解説した。
マクロのヘッジ・ファンドらしく、劇的なシナリオを示唆している。


中国で起こっているのは、自国通貨を買い支えるために売るドルを確保するということだ。
もしも中国が自国通貨を自由落下に任せたら、おそらく30-40%下落するだろう。
・・・
みんな中国を為替操作国と言うが、みんな(中国と)一緒になって今の状態を維持しているんだ。

バス氏がCNBCで中国の為替政策について語った。
同氏はこの間まで人民元の(実質的)ショート・ポジションを維持していたが、先日エグジットしたと明かしたばかり。
それでもポジション・トークの可能性は残っているので少し用心すべきだろう。
ただ、こうした見方はローレンス・サマーズ氏とも共通しており、あながち間違いでもないかもしれない。

バス氏によれば、中国が人民元を買い支えなければ、富裕層の資金が諸外国に流出し、通貨が崩壊するのだという。
売り方だった同氏は、そうしたシナリオの実現可能性も見ていたのだろう。

最後には、買い支えのドルが必要で、ドルを使い果たしてしまうだろう。

投資家のみなさんなら他人事でないことにもう気づいているだろう。
中国がドルを使い果たす意味とは何だろう。
参考までに、米国債の主要保有国(米国以外)を掲載する。

米国債の主要保有国上位3国(米国以外、億ドル、米財務省
2019年5月 2018年5月
中国 11,102 11,831
日本 11,010 10,489
英国 3,231 2650
総合計 65,391 62,151


 - 海外経済, 投資 , , , ,