企業

【短信】レイ・ダリオ氏、シンガポールにファミリーオフィスを開設

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、シンガポールに投資と慈善活動を目的としたファミリーオフィスを開設するという。


「『(ダリオ氏は)これまで30年間、シンガポール・中国と素晴らしい関係を築いてきた。・・・
同氏は両国を尊敬し、その地域で起こりつつあることにワクワクしている。』」

ダリオ氏の声明をBloombergが紹介している。
すでにCEO、COOほかが決まっているといい、それなりの所帯の組織のようだ。
もっとも同氏の個人資産は150億ドル(約1.5兆円相当)とされているから、当然なのかもしれない。
ダリオ氏は先月、現地の資産運用に関する教育・研究機関Wealth Management Instituteに25百万ドルを寄付すると公表している。

このところ積極的に中国ビジネスを進め、投資家にも中国投資を奨めているダリオ氏だが、ファミリーオフィスの本拠地には(当然だが)中国を選ばなかった。
税制・永住権等について優遇があり、より自由な市場アクセスのあるシンガポールを選んだようだ。
米中関係が不透明な中、中国をターゲットとするにしても、米国からよりシンガポールからの方がアクセスしやすいということもあるのだろう。

本来、お金持ちで徳の高い人たちには、借金の多い国で高い税金を払ってほしいものだが、なかなかそういうわけにはいかないようだ。


-企業
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。