投資

ハワード・マークス 【短信】ボーナスをどこに投資すればよいか:ハワード・マークス
2021年11月12日

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏のコンファレンスでの話をBloombergが要約して伝えている。


「すべては価格次第だ。
また、売買によって儲けるのでなく、保有することで儲けることを理解することが大切だ。
より多くより早く投資し、複利の魔法が効くのに任せないといけない。」

マークス氏が持論を繰り返している。
(理想的には安く買って)買った後にはやたらとポートフォリオをいじってはいけないという。
「高すぎるところで買うのは必ずしも大罪ではなく、底値で売ることが大罪だ」と話している。
山谷あっても上昇を続けてきた米市場では、まさにそのとおりなのだろう。

マークス氏は、ボーナスの投資先について個人投資家にアドバイスしている。
基本の推奨は

手の込んだのがいやならば、S&P 500インデックスファンドにすべて投資し、目をつむれ。

さらに、他の可能性をいくつか示した。

  • 変動金利の債務: インフレ上昇を予想する場合。
  • 不動産: 家賃の引き上げができる物件。
  • 個別株式: 「テックやマーケティング革新の会社で、インフレを転嫁できる、インフレより速く成長できる会社。」ただし高く付く。

インフレや金利の上昇を強く意識した推奨になっている。


-投資
-, , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。