投資

【短信】ブリッジウォーター欧州でのショートを縮小
2020年3月26日

ブリッジウォーター・アソシエイツが、欧州でのショート・ポジションを縮小している。


ブリッジウォーターの欧州でのショート・ポジションについては、13日の週のEU向け報告に基づき総額150億ドルと報じられていた。

20日の週についてある金融ブログが調べたところでは、70以上のポジションが減額されていたという。
同ブログは、ブリッジウォーターがショートで莫大な利益を上げた可能性に言及している。
ブリッジウォーターが初めにショートの報告を提出したのが13日の週。
その前週6日からの欧州株価指数から概算すると、最大29%のリターンと推測されるという。

もっとも、ブリッジウォーターのようなヘッジファンドがショート・ポジションだけを立てるとは考えにくい。
全体の内容を知ることはできないし、ロングとショートが対応するのかもわからないが、ロング・ポジションもあったはずだ。
相場から見て、ロング・ポジションでは損が出ている可能性が高い。
仮にそうだとしても、ショート側で29%をとれればホクホクなのではないか。


-投資

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。