投資 企業

【短信】ピーター・シフが一番驚いたこと
2019年11月14日

ユーロ・パシフィック・キャピタルのピーター・シフ氏が、ウィワークの第3四半期の赤字について端的に驚きを表明している。


この赤字で一番驚く部分は、売上高を超えていることだ。
ウィワークは投資家に、第3四半期の損失が12.5億ドル(約1,350憶円)になったと告げている。

シフ氏が13日ツイートした。

ウィワークの出血がすさまじい。
報道によれば、ウィワークの2019年第3四半期は12.5億ドル(前年同期比150%増超)、売上高は9.3億ドル(同倍増超)となった。
急拡大のために稼働率は低下し79%に留まったという。

シフ氏は従前から、過度な金融緩和が非効率な事業・ゾンビ企業を温存すると指摘してきた。
ボストン連銀のエリック・ローゼングレン総裁は、シェア・オフィス事業の財務的ミスマッチを指摘し、それが景気後退期に停滞を助長する危険性を指摘している。


-投資, 企業
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。