投資 企業

【短信】バフェットはイーロン・マスクの保険を引き受けるか?

ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイ株主総会 第10弾: バフェット氏が、イーロン・マスク氏の火星探査に対する本気度を茶化している。


これは簡単。
ありがとう、でもパスします。

バークシャーの屋台骨ともいえる保険事業を管掌するアジート・ジャイン副会長が株主総会で仮定の質問に答えた。
仮定の質問とは、イーロン・マスク氏が計画する火星探査について保険を掛けたいと申し込んできたら応じるかというものだ。
バフェット氏の信頼の厚いジャイン氏の反応はまさに即答だった。

しかし、バフェット氏は少し異なる回答をしている。

保険料によるよね。
イーロンが乗るかどうかによって、たぶんいくらか保険料は違ってくるよね。
誰かが何かに保険をかけたいと尋ねてきたら、これこそ本気度を示すということだ。

バフェット氏もマンガー氏も笑っている。
しかし、当事者であるジャイン氏には笑えない話だ。
質疑とはいえ、これは定時株主総会なのだ。
ジャイン氏は明言した。

でも、概して、私はイーロン・マスクを相手方に保険を提供するのをとても心配している。

ジャイン氏はあくまで単なる冗談で済ませたくなかったのだ。

この質疑の様子には、マスク氏やその事業のやり方に対する様々な評価が現れているのかもしれない。
いずれにせよ、バフェット氏はいつものように八方美人だ。

イーロンに、ジャインじゃなく私に電話するよう言っといて。


-投資, 企業
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。