企業

【短信】バフェット、テキサスの送電会社を買収の見込み

ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイがテキサスの送電会社Oncorの買収で合意しそうだ。
WSJが報じた。


買収金額は明らかになっていないが、170-190億ドル(約1.9-2.1兆円)程度になるとみられる。
Oncorについては親会社Energy Future Holdingsの破綻にともない売却が決まっていたが、テキサス州が公益にならないとして買収を許可しなかった。

バークシャーはこれまでもいくつかの大型買収で電力部門を拡大させてきた。
送電事業でも、2014年カナダの送電会社AltaLinkを買収するなどしている。
電力はある面、消費者独占型の事業であり、また巨額の資金を必要とすることからバフェット氏の関心を引いているのだろう。

Energy Future Holdingsはバークシャーにとって新たな名前ではない。
同社はLBOのためのSPCとして2007年に設立された。
バークシャーはそのLBO融資の一部をつけたのだが、結局破綻してしまった。
20億ドルのうち9億ドルが損失となった。
今回の買収劇は、そのSPCの傘下事業の買収という意味を持つ。


-企業
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。