海外経済 政治

【短信】トランプ再選のための景気刺激策:ジェフリー・ガンドラック
2019年10月1日

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、米大統領選についてコメントしている。
経済・市場を売り物にしている大統領には、まだ景気後退を遅らせる手段が残っているという。


経済がマイナス成長になれば、トランプは選挙を続けることができなくなる。

ガンドラック氏がFOX Businessで、トランプ再選の条件として改めて景気拡大の継続を挙げた。
FOXによれば、選挙の前の2年間に景気後退を迎えた過去7人の大統領のうち5人は再選がならなかったという。

経済と株価を売り物にしてきたトランプ大統領からすれば、景気が選挙にどれだけ重要かは自明だ。
むしろ、経済と株価が足を引っ張るような状態になれば、トランプ大統領に売り物は少ない。
国の分断を助長し票を固めるという手もあろうが、これは敵も増やすやり口だ。

もっとも、足元を見る限り米経済は決して悪い状態ではない。
利下げもあって経済がやや持ち直した感さえある。
しかし、1年前と比べると鈍化は鮮明だ。

ガンドラック氏は、今後数か月の間に景気先行指標がさらに悪化するリスクがあると指摘する。
同氏は、考えうる景気下支え策を例示している。

  • 給与税減税: 2011年のオバマ政権で実績。中間層に恩恵があり消費を喚起する。
  • 関税引き下げ・撤廃: 「かなり大きなペントアップ需要を生み出すだろう。」
  • 金融政策: 年内あと1回の利下げを予想。

ガンドラック氏は、景気後退を先延ばしするのは(困難であっても)不可能ではないと考えているようだ。

景気後退を未然に防ぎトランプ再選を助ける道具立てが存在するように見える。


-海外経済, 政治
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。