投資

【短信】デビッド・テッパー氏がヘッジファンド事業からの引退を検討

Appaloosa Managementのデビッド・テッパー氏が、ヘッジファンド・ビジネスからの引退を考えていると報道されている。
WSJやBloombergなどが報じている。


テッパー氏は61歳。
もしも引退となれば、莫大な家族資産はファミリー・オフィスで運用することになるという。

テッパー氏は昨年プロ・アメフト・チームのカロライナ・パンサーズをNFL史上最高額となる23億ドルで買収し、オーナーとなった。
その後のテッパー氏は、ヘッジファンド運用者としてよりNFLオーナーとしての露出が圧倒的に多くなる。
もともとメディアでの露出の少ない投資家だったが、ほぼ毎日のようにオーナーとしての記事が掲載されるようになった。

まだ引退するのが決まったわけではないが、テッパー氏が引退を検討するにはいくつも理由が考えられる。
1つはフットボールへの思いが強く、他人から資金を預かり運用する仕事を勝るようになったこと。
もう1つは、今後の相場に何か乗り切れないものがあるのかもしれない。
最近の老舗ヘッジファンドの廃業と同様、人の資金を預かってまで勝負を続けるのに、何か引っかかりを感じているのかもしれない。


-投資
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。