投資

【短信】セス・クラーマンが買っている
2020年3月23日

バウポスト・グループのセス・クラーマン氏が投資を積極化している。


先週、クラーマン氏が、積極的に投資していると投資家に話したとBloombergが伝えた。
消息筋の話では、最近数週間で15億ドル(約1,600億円)を投じたという。

クラーマン氏が投資家に明かしたところによると、バウポストの損失は3月の初め2週間で8%、年初来で10%だという。
同時期のS&P 500の下落はそれぞれ8%、20%だった。

クラーマン氏は近年、投資難を素直に認めていた。
2010年・2013年・2017年には受託資産の一部を投資家に返却している。
2017年に返却を決めた時には、ポートフォリオの42%が現金になっており、投資のあてのない現金の多くを返却した。

今年に入ってクラーマン氏は「市場のロケット燃料は尽きる」と語り、昨年末時点でポートフォリオの31%にあたる現金保有を明かしていた。
今度積み上がた現金は投資家に返すためのものではない。
来るべき買い場に備えたものだ。
バリュー投資家としてウォーレン・バフェット氏と並び称される投資家は、コロナ・ショックのような市場の急落を辛抱強く待ち続けていた。
タイミングはばっちりだ。
この消息筋によれば、バウポストのポートフォリオに占める現金の比率は最近の投資ですでに27%まで低下しているという。

クラーマン氏はチャンスとばかり、投資家に追加出資を勧誘している。
出資の勧誘は2011年以来で、3月末・4月末の追加出資を受け付けるという。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。