海外経済

ジム・オニール 【短信】ジム・オニール:中国危機説は誇張

BRICsの生みの親Jim O’Neill氏が、中国の経済危機説を一蹴した。
心配されている成長鈍化も危機の兆候ではないという。


「(中国危機説は)完全な誇張だ。
中国は何度も周期的にやってくる試練にうまく対処してきた。
もし、外国の金融・財政政策が中国の成功と協調できれば、間違いなく世界経済はもっと強くなる。」

オニール氏はBloombergに、中国に対する強気見通しを語った。

「いつか中国は、他のすべての国と同様、危機を迎えるだろう。
しかし、今言われている成長鈍化はその兆候ではない。」

昨年まで英財務次官を務めたオニール氏は、英経済についてもコメントしている。
英経済の試練はBrexitだけではないのだという。

「(問題は)内部的なスキル、教育の課題、低い生産性、ロンドン・南東部・その他の地理的不均衡、世代間の不公平だ。」

いずこも同じということか。


-海外経済
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。