海外経済 投資

【短信】ジェフリー・ガンドラックの時間軸

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、投資において最も難しいタイミングについてヒントを述べている。


「インフレは明らかに低下しつつある。
オイルショックでもない限りはさらに低下するだろう。」

ガンドラック氏がFOX Businessで、米インフレの低下傾向を指摘した。
同氏は米経済に弱気な見方を続けてきたから、これは想定どおりの変化だ。
ガンドラック氏は従前、米経済がいったん短期的にデフレ的になり、その後インフレに揺れ戻すとの見方を示してきた。

インフレ低下を予想するガンドラック氏は、FRB金融政策の先行きを予想している。

「ジェローム・パウエル議長が考えているのは、ソフトランディングというより、インフレ低下にともない実質ベースで利下げが必要になるということだろう。」

より本質的に経済に作用するのは名目金利より実質金利だ。
名目FF金利が据え置かれてもインフレが低下すれば実質FF金利は上昇し、引き締め効果は強くなる。
過度な金融引き締めを避け、景気を下支えするため、FRBは実質ベースで利下げをせざるをえなくなるとの読みだ。

さらにガンドラック氏は、膨張する政府債務の利払い負担に言及し、経済への悪影響を避ける観点から利下げが選択されると予想した。
この予想から言えば、インフレ低下または景気後退が少なくとも短期側の金利を引き下げることになる。
そして、ガンドラック氏は、そのタイミングが比較的近いと考えている。

「投資家は2、3、5年の米国債に投資すべきだ。」

ガンドラック氏は、こうした年限のうちに短期側の金利低下が起こり、米国債がキャピタルゲインを生むと読んでいるのだ。
Tビルなど短期証券は現時点で利回りが高いものの、短期間のうちに再投資がやってきて、利回りが低下してしまうデメリットを指摘している。

株式の話に移ると、ガンドラック氏は有望市場として日本とインドを挙げた。
ただし、長期投資としてだという。
同氏は現在、短期のタクティクスに乗り気ではないようだ。

投資家は長期での検討を始めるべきで、熱狂ゲームの最終局面には参加すべきでない。
株価はとてもとても高い。
私を悩ませるのは、牽引役のマグニフィセントセブンが上げの牽引役であるのを止めたこと。
まだ(上げに)参加しているが、相対的強さでは7月にピークアウトしている。

ガンドラック氏を米国株に慎重にさせているのは市場のバリュエーションと熱狂だ。
景気後退後に備えて資産の25%程度の現金を持つべきと話している。
これまで興味を語ってきた新興国市場株式は景気後退期に悪いパフォーマンスが予想されるとして、大きく下落した段階で投資するとよいと語った。


-海外経済, 投資
-, , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。