海外経済 投資

ブラックロック 【短信】シクリカルのオーバーウェイト継続:ブラックロック

資産運用の世界最大手ブラックロックのラス・ケステリッチ氏は、現在の熱した米経済・インフレが人々の予想より長く続くと予想している。


(CPIから)確認できたのは、インフレは一過性かもしれないが、この一過性のインフレがみんなが好むと思われるより長く続くかもしれないことだ。

ケステリッチ氏がCNBCで、再び市場予想を上回った6月のCPIについてコメントした。
インフレ上昇に一過性の要素が多いことを認めつつ、FRBが示唆してきたほどには一瞬で終わらないだろうと滲ませている。

ケステリッチ氏は、13日の市場で2つ注目すべき動きが見られたという。

  • 株式と債券の相関に変化が起こった可能性があること。
  • 金利上昇でも金融株が下げ、テクノロジーが上がったこと。

ケステリッチ氏は、これらの現象について何も結論を下してはいない。
しかし、何か市場のロジックや反応のしかたに変化が生じつつあるのかもしれないと匂わせている。
ただし、こうした変化は1日で確認できるものではない。

ケステリッチ氏は、自社ポートフォリオについての基本的考えを変えていない。
過去数か月の構造を維持すると話し、大枠を説明した。

利回り上昇の可能性があるため、デュレーションをアンダーウェイトする。
名目GDP(実質GDP+インフレ)が年末に向かって上昇し、2022年も続く可能性が高いため、シクリカルをオーバーウェイトする。

ブラックロックは、名目金利が上がり、経済回復が続くというシナリオのようだ。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。