その他

【短信】ゴーンはCEOのトランプ化だ:ローレンス・サマーズ

ローレンス・サマーズ元財務長官(元ハーバード大学学長、現教授)が豊かな表情をたたえ、保釈中にレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告をディスった。


保釈条件に違反した人間だ。
これはCEOのトランプ化だ。

時々失言もあるものの、やはりサマーズ氏の頭脳明晰さは神がかっている。
Bloombergが半ば笑い話として持ち出した話題について、しっかりと自身の主張と結びつけて利用している。

異常な自己中心主義、法の無視、完全な自己陶酔。
これは異常だが、多くはドナルド・トランプの異常さと似ている。
とても重大なより広い傾向を象徴したものだ。


-その他
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。