投資

【短信】ゴールドマンが年内の米国株見通しを上方修正

ゴールドマン・サックスがS&P 500指数の年内の目標をわずかに引き上げ3,100ポイントとした。
30日の終値3,013.18に対して2.9%の上昇を見込んでいる。


ハト派のFRBが2019年の株式市場の上昇をドライブしてきた。
低金利は引き続き将来も平均を超えるバリュエーションを支持するだろう。

ゴールドマンのデービッド・コスティン氏のレポートをMarketWatchが伝えている。
経済減速等を勘案し利益予想は微減とするものの、FRBの金融緩和姿勢等がプラスに働くという。

 

ゴールドマンによるS&P 500見通し(Bloomberg, MarketWatch)
2019年 2020年
前回 今回(前回比) 前回 今回(前回比)
EPS 173 167(3.5%減) 181 177(2.2%減)
S&P 500 3,000 3,100(3.3%増) 3,400
FRB利上げ +100 bp -50 bp -35 bp


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。