【短信】ゴールドマンが年内の米国株見通しを上方修正

ゴールドマン・サックスがS&P 500指数の年内の目標をわずかに引き上げ3,100ポイントとした。
30日の終値3,013.18に対して2.9%の上昇を見込んでいる。


ハト派のFRBが2019年の株式市場の上昇をドライブしてきた。
低金利は引き続き将来も平均を超えるバリュエーションを支持するだろう。

ゴールドマンのデービッド・コスティン氏のレポートをMarketWatchが伝えている。
経済減速等を勘案し利益予想は微減とするものの、FRBの金融緩和姿勢等がプラスに働くという。

 

ゴールドマンによるS&P 500見通し(Bloomberg, MarketWatch)
2019年 2020年
前回 今回(前回比) 前回 今回(前回比)
EPS 173 167(3.5%減) 181 177(2.2%減)
S&P 500 3,000 3,100(3.3%増) 3,400
FRB利上げ +100 bp -50 bp -35 bp


 - 投資 ,