海外経済 投資

グッゲンハイム スコット・マイナード 【短信】コロナウィルスも勘案した株と金利:スコット・マイナード
2020年1月30日

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、FRB金融政策がバブルを生んでいると批判し、当面の株価・長期金利を予想している。


FRBの(短期)国債買い入れによって、すべてがバブルに変化している。
資産クラスの価格を押し上げている。
これがどんどん膨らんでいく。

マイナード氏がBloombergで、FRBの金融政策が醸成するバブル膨張に危機感を示した。
企業部門でレバレッジが過大になっており、企業債務の市場にリスクが高まっていると心配している。
同氏は、FRBが景気後退を永遠に遠ざけることはできないと指摘する。

「FRBは経済を持たせると約束するが、いつか経済が鈍化すれば、みんな脆弱になる。
景気後退入りは不可避だ。」

コロナウィルスの影響も含めた今後の市場について尋ねられると、マイナード氏は1月中にも調整がありうると話した。
伸び切った市場やコロナウィルスは、トレーダーにとって格好の売り材料となりうるからだ。
しかし、一方で、市場には自己満足の兆候が見られ、すぐにリバウンドする可能性もあるとした。
マイナード氏は大胆に当面の株式・債券の相場を予想している。

時間が経つにしたがって、みんなコロナウィルスが現在(市場に)織り込まれているよりおそらく悪いことを理解し始めるだろう。
株式はおそらく3-5%調整し、米10年債利回りはおそらく1.3%近辺まで下げるだろう。

29日の米10年債利回りは1.56%前後で終えている。


-海外経済, 投資
-, , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。