投資

ブラックロック 【短信】クリスマスまで株は売るな:ブラックロック
2021年11月10日

資産運用の世界最大手ブラックロックのケート・ムーア氏は、誘惑に打ち勝ちあと6週間株式を持ち続けることを奨めている。


「決算シーズンに入った時、3つのプレッシャーについて少し気を揉んでいた: 労働者不足・サプライチェーン混乱・全体の株価水準だ。
その結果はおおかた逆で、コンセンサス予想より利益率も利益も良かった。」

ムーア氏がBloombergで、第3四半期の企業の利益についてコメントした。
高インフレにより企業収益が圧迫されるとの心配もあったが、良い意味でそれは裏切られた。
同氏によれば、市場の関心はすでに将来の利益ガイダンスに移り、上方修正するか否かでパフォーマンスに差がついているという。

賭け金を引っ込めてはいけない。
株式はまだ最も面白い投資であり、おそらく第4四半期だけでなく2022年に入っても最高のリターンをもたらすだろう。
今後6週間(株式に)留まり、大きな利益確定の誘惑に抵抗し、粘れ。

ムーア氏は、株式へのエクスポージャーをしばらく維持するよう奨めている。
最近、再び経済再開銘柄への小さなローテーションが見られたと指摘する一方、「趨勢的勝ち組」であるテック銘柄への投資を続けるべきと説く。
もちろん条件は銘柄選別だ。

良い銘柄を選択し・・・経済サイクルの次の局面で耐久性のある成長を生み出しうる企業・セクター・テーマにポジションを持っていることを確かめろ。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。