投資

【短信】ガンドラック:月が明けても流れは変わらず

新債券王ことDoubleline CapitalのJeffrey Gundlach氏が3日インフレ・金利動向についてツイートした。
週明けも、先週金利上昇への転換点と示唆された傾向が続いている。


「また銅/金比率が上昇した。
また10年債利回りがひどい日になった。
また2年債利回りが8年+来最高となった。
またイールド・カーブがスティープ化した・・・」

ガンドラック氏は3日、先週の傾向が継続しているとツイートした。
同氏は先週、銅/金比率やテクニカル要因から、金利が上昇に転換すると予想していた。

米10年債(青)・2年債(赤)利回りと2年-10年スプレッド(緑)
米10年債(青)・2年債(赤)利回りと2年-10年スプレッド(緑)

市場の格言を紹介し、債券価格が上がりにくい(金利が下がりにくい)現状を紹介している。

「『価格はそれ自体の重さで落ちうるものだが、価格を上げるには買いが必要だ。』
すでに債券をロングしている人が多い。
閑散とした日でも市場にはたるみがある。」


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。