Exclusive その他

【短信】ウォーレン・バフェット氏、29億ドルを寄付

ウォーレン・バフェット氏が、2006年以降毎年恒例となっている慈善事業への寄付を行った。


バークシャー・ハザウェイによると、バフェット氏は同社B株 15,971,345株、約29億ドル相当(約3,100億円)を5つの慈善基金に寄付した。
5つにはビル・ゲイツ夫妻の基金、親族が運営する基金などが含まれている。

2006年以降の寄付総額は370億ドル(現在のレートで換算すると約4兆円)に上る。
この間バフェット氏は保有するバークシャー株を売却しておらず、死ぬまで売却しない予定だという。
生きている間に持ち株の99%を慈善事業に寄付することを約束している。

15回の巨額の寄付からバフェット氏が得たのは、少額の控除だけだという。
寄付1,000ドルあたり課税所得が1ドル減り、税金が43セント減るのだという。
なるほど少額だ。
桁が大きすぎて計算が大変だが、15年の合計370億ドルに対する総額を計算すると税金の減少が約16百万ドル(約17億円)。
なるほど少額だ。

親族の運営する慈善団体に寄付することは、相続税対策という面でもスマートなやり方なのだろう。
皮肉でなく、良いやり方だと思う。

毎年のことなので驚きはないが、立派な投資家だ。


-Exclusive, その他
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。