海外経済

【短信】インフレ退治には4-5%への利上げが必要:ケネス・ロゴフ
2022年5月6日

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授は、FRBがインフレを2.5-3.0%まで押し下げるために必要なFF金利の水準を4-5%と予想している。


FRBが利上げしすぎになるまで、相当利上げしなければいけない。
3%で十分という考えは、とてもありそうにない。
インフレを2.5-3.0%まで押し下げるのには、4-5%まで利上げする必要があるだろう。

ロゴフ教授がBloombergで、FRBの金融引き締めについてショッキングな予想を述べた。

本当に4-5%のFF金利が必要なら、米国がたどる道とは高インフレの許容か、深刻な景気後退・弱気相場だろう。

かつてIMFチーフエコノミストを務め、著書『国家は破綻する』で財政悪化にともなうリスクを警告した教授は、今後の展開について予見を差し挟まなかった。

FRBがそう決めるかどうかわからないし、そうすべきとも言わない。
どうなるか見ているしかない。


-海外経済
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。